· 

窓に塗って室温が下がる?

こんにちは!

松永興業の山本です。

 

今日は前回のブログの続きです。

前回の内容のおさらいを簡単に書くと、

 

・夏場エアコンをつけていて、同じ部屋の中なのに暑さが違う。

・実際我々松永興業の事務所も、窓に近い席が奥の席より暑い(陽射しが当たる訳ではなく)。

・実は、夏場家に入ってくる熱の73%から窓から入ってきます。

・窓から入ってくる熱に対して対策する良いものがありますよ。

 

ということでした。

 

それでは早速ご紹介致します。

その名も「クリスコート」です!!

まず、クリスコートとはどういったものなのかご説明させて頂きます。

説明すると言って全部貼付けで申し訳ございません。笑

 

紫外線と赤外線のカット率が非常に高いのがお分かりになられたかと思いますが、

そもそも紫外線と赤外線がイメージしづらいと思うので、

■紫外線・・・太陽のジリジリ感(皮膚が痛くなるような感覚)

■赤外線・・・温度的な暑さ

と思って頂けたら良いかと思います。

 

この「クリスコート」を直接窓の内側に塗ります。

車のフロントに塗っても車検に通るぐらい透明度が高いので、言われないと塗ったことに気付かないほどです。

 

ただ、実際塗って赤外線、紫外線がカットと言われても効果が分かりにくいですよね?

 

一番最初に私が言っていた、「事務所内で座る席によって暑さが違う、エアコンが効いていない気がする」という話に戻ります。

エアコンの話になりますが、27℃設定で自動運転させた場合、室温を27℃にしようとエアコンは頑張ります。

その頑張っているところに窓から73%の熱が入ってくる為に、エアコンで冷えた室内の空気が暖められ、その結果エアコンは延々頑張ることになります。

 

つまり、クリスコートを塗ることで窓からの熱が大幅にカットされるのであれば、エアコンの負担が減ることになるということです。

 

ということは!安くなった電気代=クリスコートの効果と考えられますよね?

 

それではご覧頂きましょう。

年間で冷暖房費を約25%削減できる効果があるんです。

一般家庭より窓は多いですが、ある小売店の場合、なんと年間で25万9200円削減出来たという実績があります!

施工費として約50万円ほどかかっておりますが、2年でペイ出来る計算ですね。

 

ここで気になってくるのが持続性・・・ですよね?

2年でペイ出来るけど2年毎に塗り直ししないといけない、なんてことになるとお財布に全然優しくないですもんね。

 

実はクリスコートは半永久的にもちます。

これはメーカーが言ってくれているのでご安心下さい。

 

さらにご安心頂ける情報をお伝えさせて頂きます。

環境省がクリスコートの効果検証をしています。

つまり効果は国のお墨付きです。

施工実績はあまりにも膨大にあるんですが、官公庁でもこれだけの施工実績があります。

他にもホテル、学校、病院等にも多くの施設にクリスコートが導入されているんです。

 

窓に塗ってこんなに効果のある商品があるなんてご存知でしたか?

私自身全然知らず、今年の夏知ってびっくりしたので、これは皆様にお伝えするべきだと思い書かせて頂きました。

 

実は我々松永興業の事務所も今年の夏施工して頂きました!

電気代の請求が楽しみです。笑

 

もし少しでも興味がございましたらお気軽にお電話下さい!

0120-501-910 松永興業株式会社