· 

外壁の塗り替えって必要なの??

 

必要なんです。

 

外壁塗装のやり替えっていうと、

セールスマンがいきなりやってきて、

「早く塗り替えしないとおうちが危ないですよ!!」

 

なんて言ってくるイメージが強いのではないでしょうか?

 

彼らが言っていることは、正しい様な、、そうでない様な、、、

 

彼らが何を見て営業してくるかと言うと、、、、

 

↓↓↓↓↓

 

外壁や屋根って、外から見たら一目で状態が分かるんですね。

 

で、実際、上の様な写真の状態になっていたらどうなのか、というところをお話していきたいと思います。

 

 

 

外壁によく見られる症状を簡潔に①~③にまとめてみました。

 

チョーキング

壁を触ると壁の塗装がつく症状のこと。

この症状が出ていると、外壁塗装の防水効果が既になくなっていて、

壁が雨水や水分を吸いやすい状態になっていることを表しています。

 

壁が水分を吸いやすいとどうなるか?

 

外壁が水分を、

吸って乾いて吸って乾いてしていると、

外壁塗装が痛んできて、画像の様にヒビ割れを起こす原因となります。

 

 

クラック

外壁塗装に見られるひび割れの事。

 

クラックを放置しているとどうなるか?

 

上の画像の様に、ヒビが大きくなってきたり、

そこから雨水が侵入し、建物の中の構造部分を痛めたりする危険性があります。

 

 

爆裂

外壁塗装が大きく膨らみ剥がれてきている状態の事。

上の写真にもありますが、こうなると見た目もそうですし、明らかにお家によくないとお分かりになるかと思います。

 

 

 

 

何が言いたいかと言いますと、

 

外壁塗装、外装というのは、

単に見た目の問題ではなく、美観と保護の2つの意味があるのです。

 

より住宅を長持ちさせる為の手段なのです。

 

私共は、まだ塗り替えが不要なお客様にははっきりとまだ大丈夫ですよ、とお伝えします。

 

逆におすすめさせて頂くときは、本当に良いものをしっかりとお客様へご提案させて頂きます。

 

是非、我々塗装のプロへお任せ下さい。

 

 

外壁塗装、外装のことで少しでも気になることがあれば、

 

弊社までお気軽にお問合せください!

 

0120-501-910 松永興業株式会社